ローバーの自転車の特徴

4WDのランドローバーで世界を風靡し、イギリスの女王陛下にも愛されたローバー。ノーブルな精神は自転車にもこめられています。

サイトトップ > 上流階級のための自転車づくりからスタート

スポンサードリンク

ローバーの自転車の特徴

上流階級のための自転車づくりからスタート


かつてはランドローバーで世界的に愛されたイギリスの自動車メーカー「MGローバー」の前身は、ファンなら誰でもご承知のように「MG」です。1923年に設立されて古い歴史をもち、創立者サー・W・M・モーリスの称号からもわかるように貴族がつくった非常にノーブルなブランド。


「MG」とは「モーリスガレージ」の頭文字なのです。サー・モーリスはもともと自転車製造のオックスフォードガレージのオーナーでした。自転車はいまでこそ庶民の乗り物ですが、当時は上流階級のアウトドアスポーツの1種。そのため安全性・機能性はもちろんのことファッション性も要求され、サー・モーリスは上流階級のハイニーズに応えたハイクォリティ&ハイファッションな自転車を提供して話題をさらいます。


その彼が「MG」を創業して2シートのオープンスポーツカーやサルーン、クーペなど続々と画期的なコンパクトカーを発表。自転車技術も新会社に継承されて優秀な製品がリリースされ、ファンを失望させることがありませんでした。


創立から約80年の2005年まで幾多の変遷を経ながら「MGローバー社」として全世界に“これぞブリティッシュ”クラシックカーを供給しつづけ、現在では中国資本の「南京汽車(NAC)」傘下グループとして企業活動。ちなみにエンブレムであるオクタゴンは創立当初から変わらず、自転車にもついているからひと目でローバーだとわかります。


ローバーの自転車の特徴

MENU



スポンサードリンク